いなふのブログ

記事を書くのって楽しいな!【思いつきな雑記】

【夜のお店】黒服物語~個性豊かなボーイ達~

f:id:narinariman:20181107195040j:plain

以前は黒服だったいなふです。

黒服とは、キャバクラ店にいる黒スーツを着たウェイターです。

席にドリンクやフードを運んだり、お会計をしたりする店員さん。

つまり『ボーイ』さんの事です。

 

開店前には店の掃除や、買い出し、お酒の発注。

キャバ嬢の出勤人数や送迎。予約の確認や準備。

お客様の接客をし、料金の説明から指名のキャバ嬢の有無。

席の回しから、指名客が被った時の対応やトラブル処理。

・・・

・・・・やることは山ほどアリ( ゚Д゚)

 

 

黒い服を着ているだけにまさに『影』のような存在。

『縁の下の力持ち』と言ってもいいでしょう!

 

彼ら無しではキャバクラの営業は難しいでしょう。

それほど重要な存在なのです!

 

しかし・・・

すべての黒服が皆、仕事が出来るとは限りません。

いなふはキャバクラの店長を5年ほど経験しました。

5年も店長をしていれば印象に残ってる個性豊かなボーイ達が結構いるんです!

 

やはりこの業界は男女問わず、入れ替わりが非常に激しい!

なが~く働くボーイもいるんですが、どうしてもすぐ辞めてしまうボーイもいます。

 

今日は私が印象に残ってるボーイ達を思い出してみましょう・・・。

 

 

ケース1【入れ替わっていた男】

その男の名は・・・仮名で『アキラ』にしましょう。

当時、彼はたしか19歳だったかな?

面接では問題なかったので採用した黒服です。

仕事もそつなく普通にこなしていたのですが・・・

そのアキラに違和感を感じたのは採用して1ヶ月ほど経った時でした。

 

休み明け、アキラに先週の仕事の他愛のない話をふった時に、

 

いなふ「アキラ!先週の土曜日は忙しかったな~大変だったろ?」

アキラ「・・・・あぁ・・・そうでしたね?」

いなふ「・・・・?」

 

実に微妙な返事だったのを憶えています。

でもその時は特に気にはしなかったのですが・・

開店準備をしていた時に、あまり勝手がわかってないような感じで・・・

なにか『今日、初めてのバイト!』みたいな動きだったのです。

 

いなふ「アキラ?・・おいアキラ!」

アキラ?「・・・はいっ!はい!オレですね!」

いなふ「・・・・・?」

 

アキラはまるで『自分はアキラと言う名前ではない』リアクションをとったのです。

・・・・

結局その日は、そのまま開店して営業したのですが、

アキラの動きが『今日が初仕事』ような感じでした( ゚Д゚)

 

アキラかにおかしい!!

 

それでもなんとかその日の営業を終え、アキラにちょっと確認してみようと思ったのですが、

 

アキラ「店長!すいません!今日は用事があるので帰ります!」

いなふ「あっ・・・あきr・・」

 

くっ・・・間に合いませんでした。

変だな?と思ったのはその日だけだったのですが・・。

そしてそのままアキラは出勤してくることはありませんでした( ゚Д゚)

 

その後たまたま『アキラ』を知っていると言う同級生に会ったことがありました。

ここまで言えばわかると思いますが、

 

なんとアキラは双子(;゚Д゚)!

 

双子の弟と入れ替わって仕事に来ていたそうです!

しかもその同級生によると、数回入れ替わっていたそうです・・。

数回って・・

違和感を感じたのはその日だけだったのに・・。

 

・・・いつ入れ替わってたんだ!?

 

ケース2【付き合っちゃった男】

これはこの業界ではあるあるなのかな(*^▽^*)

基本!この行為はNGです!

店舗によっては罰金の可能性もあります。

でも、よくあるんですよね~

ボーイとキャバ嬢が付き合っちゃうのが(´;ω;`)

 

なぜNGかと言うと、どうしても『嫉妬』が生まれるからです。

女の子は男性に接客しなければなりません。

指名を貰うため、売れっ子、ナンバー1になるために同伴やアフターもするでしょう。

それに嫉妬して仕事にならなくなってしまうからです。

 

それでも、うまくいくカップルもいるのですが・・・

なかなかそうはいきません。

 

ある日の営業前のお昼くらい、常連のお客様から電話が来ました。

その人はかなりの太客でした。(太客→お金をいっぱい使ってくれる羽振りのいい人)

 

常連「もしもし店長?今、大丈夫?」

いなふ「これは常連さん!どうしたんですか!?こんな昼間に?」

 

常連さんによると、非通知で電話がかかってきて、

 

「オレのK子に手を出すな!もう結婚するんだ!これ以上なると裁判だ!」

 

と電話が掛かってきたそうです。

K子とは常連さんがウチの店で指名する女の子のうちの1人です。

 

・・・なにかおかしいな。

 

そのK子と常連さんの関係はウチの店だけのはず。

その繋がりを知ってるのはウチの店の人間だけ・・。

 

常連「なんか男の声に聞き覚えがあるんだよね・・。多分アイツだと思うんだけど。

いなふ「・・・・ちょっと調べてみます。」

 

・・・

お前らのやっている事は全てお見通しだ!!

 

いや・・・すぐバレましたよ( ゚Д゚)

犯人は黒服のB男と万年ヘルプのK子でした。

 

手荒なことはしたかどうか憶えてませんが(笑)

 

判決は・・・

即刻、クビ!!

 

その常連さんがいい人で、今回のトラブルを最小限で許してくれたのでヨカッタ~!

その後も普通にお店に通ってくれましたε-(´∀`*)ホッ

 

あとに聞いた話ではB男とK子は結婚は本当にしたのですが、

半年で離婚したそうですぜ( ゚Д゚)

 

ケース3【逃亡グセのある男】

 

この業界は年末は大忙しなのです。

その日も年末で予約が数件、女の子はほぼ同伴出勤、フリーで来る人もいっぱい!

まさに『超ウルトラMAX忙しいデー』でした(T . T)

黒服は私を含めて4人。

私はほとんどホールに出ることはないので、

実質黒服3人でホールを回さなければなりません!

 

大体ピークで忙しくなるのは夜の11時くらい。

その時はすでに満席状態!

席が空くのを待ってるお客さんもいる!

 

てんやわんやのなか、黒服のAが、

黒服A「店長!ヒトシがまた居ません!」

 

このヒトシとは突然ホールから消える能力を持っていました。

それも忙しい時に限って能力を発動するので、私も他のボーイ達もほとほと困っていたんです。

何度も注意はしてるのですが・・・

その度に下手な言い訳をしてくるので、かなりの問題児でした。

 

いなふ「アイツ・・・またか(# ゚Д゚)!」

 

この日はさすがに普段温厚のいなふ店長もスーパー激おこプンプン丸ですよ!

ヒトシめ・・絶対見つけてやる!

 

・・・・

はい、あっさり見つかりましたよ。

 

掃除用のロッカーに隠れてました( ;∀;)

このヒトシはちょっとおバカな子で、隠れる場所が、

  1. トイレ
  2. お客様用クローゼット
  3. 掃除用ロッカー

のどれか。

前回はクローゼットだったので今回はロッカーなんです( ゚Д゚)アホヤナ

 

ヒトシを引きずり出して、なんとかその日の営業を終えましたが・・

営業後、他の黒服達は大激怒!

 

「ヒトシとはもう仕事したくない!」

「アイツのせいでオレ達が苦労している!」

 

そうだな・・

君たちの意見はごもっともだよ!

でも大丈夫!

今回はヒトシの野郎にはキツ〜く注意するね(^_-)-☆

 

さぁお仕置きの時間だよベイビー!

と、花京院典明ばりにヒトシを懲らしめてやろうとしたのですが・・。

 

黒服A「店長!ヒトシがいません!

いなふ「・・・・」

 

ヒトシは本当に逃亡してしまいました(T . T)

 

彼はついに逃げ切ったのです!

ちょっとした隙にロッカーにあった自分の荷物をまとめて逃亡したようです。

その間多分2分弱!

 

その才能を別の何かに使えばいいのに・・。

彼のその後は誰も知りません。

国外逃亡でもしたのかな( ゚Д゚)

 

まだまだ居るぜ!個性豊かな黒服達!

結構ながくなってしまったので、

続きはまたの機会に(^_^)

 

普通にいい黒服もいるんですよ!

学校行きながら週末だけバイトしてる子とか、仕事を掛け持ちしている子とか!

頑張ってる黒服もいるのでよろしくお願いします('◇')ゞ

 

関連記事でこちらも良かったらどうぞ! ↓

www.enough07.com

www.enough07.com

 スポンサー

 

 はい!今日はおしまい!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 スポンサー