いなふのブログ

記事を書くのって楽しいな!【思いつきな雑記】

亜里沙の気持ちは分からない!

女心は多分、どんな課題よりも難しいと思ういなふです。

f:id:narinariman:20181122202416j:plain

過去にお付き合いした彼女に『亜里沙』という子がいました。

いわゆる、『元カノ』ってヤツです。

亜里沙と言う名前はもちろん仮名ですが、いなふが19歳くらいに付き合ってた同い年の女の子です。嫉妬もせず、おとなしく、見た目も普通に可愛らしい女の子でした。

 

亜里沙と付き合ってたのは3~4ヶ月くらい?だと思うんですが、

未だに別れた理由が分からない!

まぁ若い時の恋愛はそういうのが多いのかもしれないですが・・。

 

そして、この時期に別れたので毎年ふいに思い出すのです。

今だから分かるかもしれない別れた理由を考察してみようと思います!

 

 

亜里沙と言う彼女

その日は平日だったのですが、ご飯でも食べに行こうと約束していました。

お互いに実家暮らし。車で午後7時くらいに亜里沙の家に迎えに行きました。

 

いなふ「おまたせ〜、何食べようか?」

亜里沙「そうだね・・いなふの好きなものでいいよ!」

 

そういえば近くに焼き肉屋があったな。

よし、そこに行こう!

 

そこの焼き肉屋では普通に楽しく焼き肉を食べました。アハハウフフ言いながら食べましたよ!

 

食事を済ませ、外に出ると雨が降っていました。

特に行くところも無いので今日は帰ろうと思い、亜里沙の家まで送って行きました。

 

近くなのですぐ着きます。

はい〜着いたよ〜

 

・・・

亜里沙の様子がおかしい・・。

 

亜里沙「えっ・・えっ・・・」

 

なっ・・泣いてるのか!?

なぜ!?Why!?

 

いなふ「・・どどどうしたn」

亜里沙「えっえっ・・・もう別れよ・・。」

 

・・・急だなっ!

ちょっと待って・・せめて理由を・・

 

亜里沙「サヨナラ・・・!!」

ガチャ・・・バンッ!

 

・・・・( ゚Д゚)

 

いきなり2人の関係は終わりを告げました。

外は雨が激しく降っていました。まるで空が悲しんでるかの様な気がs・・・

(/・ω・)/オラー!

 

と、やるせない気持ちになったのを憶えています(笑)

付き合っていた期間はケンカもせず、仲良くしていたと思うんですが、今となっては知る術がありません。

昔の記憶を掘り起こして、別れた理由を仮説を踏まえて考察してみたいと思います(*^▽^*)

 

仮説1【他に男がいた】

う~ん、あんまり考えにくいかな~多分!

付き合ってた時は、ほぼ毎日会っていたので他に男がいたなら物凄いストイックな生活だなと思います。可能性はゼロではないですが少し、決め手に欠けますなぁ( ;∀;)

 

仮説2【焼き肉がお気に召さなかった】

これは・・・ありえるのか!?

亜里沙は「好きなものでいいよ」と言ってたので、自分が食べたかった焼き肉をチョイスしたんですが・・・お気に召さなかったのかな?プラス、焼き肉代金は奢ったよ!

亜里沙は内心(チッ!今、ダイエット中なのに焼き肉だと!?このビチ〇ソがぁ!!はいはい、もう終わり終わり!もう別れる!!えーん!)

とか思ってたのk・・

いや!そんな子じゃない!多分(;´Д`)

 

仮説3【これと言った理由はないが別れようと思った】

多分、別れる理由がないのが理由だったんじゃないかな?

今、思えば19歳の自分は将来の事とか全く考えてなかったし、今、関東に住んでるなんて夢にも思わない(´ー`)

なにか・・その日その日のノリみたいな感じで生きてた様な気がします。

彼女もそんな自分を見て、何か理由はないけどお別れしようと思ったのではないか。

焼き肉食ってお腹いっぱいになったし(*^▽^*)

う~んでも・・・これも何か違う気がする。

 

その後の展開

その後、メールを送信したと思うんですが返信がなかったので、そのまま別れちまおうと思いました。

それから1年くらい経ち、

北海道で1人暮らしを始めました。たしか彼女はおらず、フリーを満喫していたと思います。

 

すると亜里沙からメールが届きました。

それは他愛のないメール内容。

「元気?」

「今、何してるの?」

「さみしい?」

「私も彼氏いないよ」

と、加藤ミリヤの歌詞に出てきそうなメールだったのを憶えています(*'▽')

 

ワタシは一度別れた人とはヨリを戻さないタイプだったので、特にその気にさせるような事はしませんでした。

その後も何度か連絡は取っていたのですが、だんだん面倒くさくなってきてメールをスルーしたりもしていました。

 

新しい彼女ができた!

数か月後・・

ついに新しい彼女ができました(∩´∀`)∩ワーイ

亜里沙とは真逆のタイプで気が強い感じの子です。

 

亜里沙からは、まだ結構な頻度でメールは届きます。

 

いやーそれにしてもLINEがある現代って便利だよな〜(^_-)

この時はメールでしたよね?よく「メール来てるかも!?」と思って『センターに問い合わせ』とかしてませんでした?自分はしてましたよ結構(^-^)

 

話を戻しましょう!

彼女がいるのに元カノからの連絡を取るわけにもいかない!

 

そう思い亜里沙にメールしました。

「彼女ができたから、もう連絡しないで」

そう打ち込んで送信しました。

すぐに返信がきました。

 

「自分だけ幸せになったら、そんな言い方するんだね」

 

・・・・

ちょっと怖くなったんですが、そのまま無視しました。

 

 

それから、亜里沙から連絡が無くなりました。

何事もなく普通に過ごしていました・・・その時までは。

 

ある日突然、今カノが不思議な事を言いました。

 

今カノの仮名は・・『摩利』にしましょう。

それは2人で家で映画を見てる時でした。

 

摩利「あっ!多分、生霊だわ!」

 

突然、摩利が言いました。

は?

生霊?

ターミネーターにそんなヤツでてきたっけ(。´・ω・)?

 

摩利「違う違う、最近なんかおかしいと思ったんだよねー、多分、元カノだわ」

 

意味がわからなかったので摩利に聞いてみると、生霊がアンタに憑いてる。

おそらく元恋人。

まだ悪さはしないけど何か手を打たないと後々、面倒な事になるわよ!

と言われました((((;゚Д゚))))ガクブル

 

実は摩利はいわゆる『視える人』で、そういう事に関しては詳しい女の子でした。

 

摩利の考え

彼女が言うには、生霊を飛ばしてる事に本人は気づいてない。

だけど、心の奥では常にアンタの事を思ってて魂だけ飛ばしてる感じなんだよね(^。^)

今は害はないけど、このまま放っておくとお互いに悪い影響がでるよ!

 

・・・・

ターミネーターを見てる場合じゃあなくなってきました(T . T)

 

いなふ「どっ・・・どうすればいいの・・?」

 

摩利「じゃあコレもってなさい!」

 

それは小さい袋に入った『髪の毛』でした。

 

摩利「それ、アタシの髪の毛だよ!」

 

彼女言うには、その髪の毛をしばらく身につけておけば大丈夫!との事。

今の彼女が常に居るからアナタはここにいちゃダメなんだと生霊に分からせるためだと言ってました。

 

摩利「これ持ってたら自然に生霊は離れてくよ(笑)」

 

めちゃ明るく言ってきたんで半信半疑だったのですが、とりあえずもってる事にしました。

 

数日後・・・

 

摩利「あっ!もう大丈夫だわ!」

 

ホントかよ!?

って思いましたが、彼女が言うからには大丈夫なのでしょう。

そういえばずっと痛かった肩こりがなくなってました(^∇^)

摩利から貰った髪の毛は酸化したのか劣化したのかわからないですが、白っぽくなってたのを憶えています。

 

結局、亜里沙の気持ちは分からない!

風の噂では、摩利がもう大丈夫って言った日から数ヶ月後に亜里沙は結婚したらしいです。

結局、なぜ亜里沙が自分と別れたのか、そして別れたのに生霊を飛ばしたのかは分かりません!

 

1つ、思い出したのが亜里沙は自分の所有物に対して少し感情的になっていたのを思い出しました。

亜里沙には年子の妹が居たのですが、

ある日妹が亜里沙の服か何かを勝手に借りて着ていたそうです。その事に関して亜里沙は異常に怒っていたのを憶えています。

 

その時は余程お気に入りの服だったのか、くらいにしか思わなかったんですが、今となっては少し怒りすぎじゃね?とも思います(*_*)

 

もしかしたら亜里沙は『自分の所有物に異常に執着するタイプ』だったのかもしれません。

仮に亜里沙の中で、いなふが所有物のような感じだったとしても、じゃあなんで別れを言ったんだ??と矛盾が生じます。

 

・・う~ん

結局、分からない(*^▽^*)

 

スポンサーリンク

 

岸辺露伴は動かない 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

いなふ君のイラストは⇧を参考にしました(^-^)

 

なかなか長くなってしまったので、今日はおしまい!

良い週末を(#^^#)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村