いなふのブログ

記事を書くのって楽しいな!【思いつきな雑記】

何事も世の中【数値化】出来たら、より良い世界になるのではないか?

今日は何℃かな??

温度計「フッ・・・26℃だぜ!」

 

Tポイントは貯まったかな?

Tカード「はい、3980ポイント貯まってます!」

 

世の中は『数字』で溢れていると思ういなふです。

具体的に『何か』を知りたいときは『数字』にしてしまえば、なんとなく解決してしまう気がします。

 

例えばですね・・・

  • 給料  → 200000円
  • 身長  → 180㎝
  • 距離  → 30㎞
  • 醤油  → 1リットル
  • 果汁  → 90%
  • 休暇  → 7日間

うん!数字があると一目瞭然ですね!

多分、数えきれない例えがありますが、数字があることによって人間の暮らしはより豊かになり我々人類は発展していったのだと思います。

なので『数値化』をいろいろな物に導入すれば、もっといい世界になれるのでは!?と昔からいなふは思っていました( ;∀;)

 

 

『数値化』を導入しよう!

世の中って何か・・・『精神論』を語る場面が多い気がしませんか?

「気合い入れれば大丈夫!」

「具合悪いけど、たいしたことないわ!」

「頑張ればいつか給料が上がる!」

「死ぬ気でやれば今日中に終わる!」

「これ・・腐ってるかな?多分大丈夫!」

物の例えと言ってしまえばそれまでなんですけど・・・

 

このような『根拠のない事を精神論で押し通す』とか『曖昧な感じで物事を解決しよう感』が非常に多い気がするのです!

これが本当にヨクナイ(/・ω・)/オラー

 

結局、『数値化』してボーダーラインを引けば世の中うまくマルっと収まるんじゃないかと思うのはワタシだけでしょうか(*^▽^*)

 『気合い』数値化

みんな大好き『気合い』を数値化できたら実に面白い!

気合いMAX100にして70くらい行けば気合いがあるとみなされる!50以下だと気合いが足りない!みたいな感じ(*^▽^*)

これで根拠のない「気合いが足りない!」とか言われる事が無くなるね!

 

『アプリ化』を熱望する!

今の時代ならスマホのアプリとかで開発されないかな~。

ポケモンGOの様な擬似3Dっていうのかな?

対象物をスマホを通してスキャンして計測すれば数値化して教えてくれるとか・・・いいじゃないか!

 

通称『何でも数値化アプリ

 

この数値化アプリがあれば何でも出来る!

冷蔵庫にある『明太子』とか食うか捨てるかのジャッジって難しいですよね?

そんな時はこのアプリをかざせば、『腐り度をチェックしてくれて、食べると〇%で腹をこわす』まで数値化してくれるんです!

 

ビジネスの場面などでも重宝されるんじゃあないか!

この仕事をこの期間内にこれだけやり、それを2年続けたら課長に昇進するよ!

%で表すと今はまだ45%だね!なので月計算で〇〇時間働けば達成する計算だよ!

これで昇進、間違いなし(・∀・)

将来のビジョンがマルっと分かっちゃいます!

 

やっぱり『医療の方面』での活用が望ましい

でもね・・・やっぱりいなふは思うんですよ・・。

医療方面で『数値化』を活用できたなら、医学の分野は飛躍的に発展するんじゃないかと!

特に精神科とか心療内科とかで重宝するのではないかと思うのです。

1番に数値化をしてほしいのが『ストレス』!

これを数値化できたらマジヤベー!!!

ストレス時代のこのご時世はかなり有効な治療法になるんじゃあないかと(*´▽`*)

 

ちょっと・・・いいですか??

『ショート・ショート』的にストーリーを思いついたので、すこ~しお付き合い下さいm(__)m

 

いなふ心療内科

ワタシは『いなふ心療内科』の院長、いなふだ。

この心療内科は少し他の医院とは違っている。

この世界にはびこる人類最大の敵『ストレス』を数値化して診察できる医院なのだ。

毎日毎日、多くの患者が来院する。かなりの数だ。それだけ世の中はストレスを抱えた人間が多いということだ。

 

患者A「・・・先生、お願いします。」

いなふ「こんにちは、今日はどうされました?」

患者A「最近、眠れなくて・・。食事も喉を通らなくて・・。」

いなふ「わかりました。まず『ストレスチェッカー』をしてみましょう。」

 

f:id:narinariman:20181130201513j:plain

 

この『ストレスチェッカー』とは世界で当院だけにしかないスーパーマシンだ。

システムは至ってシンプル。

患者の血液を採取するだけでストレスを数値化してくれる。

プラス、改善策もひねり出してくれる画期的なマシンなのだ。

 

数値は『0から100』まで。

数字が上がるほど重度なストレスを抱えていると言うことだ。

 

いなふ「ではまず、採血をしましょう。」

 

患者から採血し、ストレスチェッカーに分析してもらうと、数十分で結果がモニターに表示される。今まで数千人をこのマシンで治療してきたが、このストレスチェッカーの性能は『バケモノ』だ。

明らかに人類の英知を超越している。『技術的特異点』と言うべきか・・・。

このマシンが何故、当院だけにあるかはさておき、そろそろ結果が出るはずだ。

 

「患者Aのストレスは『85%』です」

 

なかなかの数値だ。

この患者は相当なストレスを抱えているな・・・。

 

・・・・

・・・・・

・・・・・・アカン!終わらん!

こんな感じでヤメとこ(*^▽^*)

 

よくよく考えるといい事だけではない

少し、星新一『愛』が出てしまいましたが・・(^◇^;)

 

やっぱり良い事だけではないかなぁ。

例えば、イケメンや美人に数値を点けれたりしたら、それこそ差別的な問題になりそうだし、食品関係も野菜や果物、肉や魚に色々な数値を点けたなら、農家や漁師が悲鳴あげそうだし。

消費者は数値が高い物しか買わなくなって問題になりそうだし(T . T)

 

結局、どこで分別を付けるかになってきますね。

人間は欲深き生き物なので、数値化がマストになってしまったら全ての物事に対して数値を点けてしまう様な気がしますね〜:(;゙゚'ω゚'):

 

・・下手すりゃ滅亡するな(T . T)

 

やはりある程度の曖昧さや精神論は必要と言う事でしょう!

 スポンサーリンク

 

星新一についての過去記事です! ↓

www.enough07.com

 

今日はおしまい!

Have a good weekend!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村